高田馬場の闇金業者で携帯契約詐欺や取り立てで困っている方へ

もしあなたが今、急な金策にたたされネットで今日中に融資可能と書かれていた高田馬場にある闇金サイトに申込をしてしまった。

 

すると、業者から電話がかかってきて勤務先、勤務先電話番号など聞き出され教えてしまう。

 

 

 

すると、「本審査は完了して融資はいつでもできるのですが、状況が悪いので信用情報を回復する必要があります。そのためには携帯電話をローンで契約してもらうのが一番早いのでお願いします。
お近くの携帯ショップについてたら電話をして下さい、いいですね?だいたいで良いので何時ごろになるか教えてもらえますか?」


 

 

 

 

など言われ、おかしいと思っても断れず言われるがままに携帯を購入してしまいました。


 

 

そして、このあと融資になります。それでその携帯は買取業者が高値で買い取ってくれるので詳しくはそちらで聞いてくださいと言われ後日

 

 

「携帯買取の田中です。●●さんですね?今回はありがとうございます。いらなくなった携帯電話をお売りいただけると言うことですね。それでは買取についてご説明します。当社は全国対応の買取を行っており、今から申し上げる住所まで端末を送っていただければ後日、買取料金をお振込致します。今だと1台あたり5万円から6万円になりますのでうちより高く買ってくれるところは無いと思いますね。それと送っていただく際に、SIMカードというチップがあるんですけど、それははずして送ってください。端末だけで結構ですから。では住所ですが、東京都〜」


 

宅配便を使って携帯端末を送ってから2日ほどすると田中から電話がかかる。

 

 

「ありがとうございます。●●さんからの携帯ですが今日確認できました。買取料金の内金として取り急ぎ3280円振り込みますので確認してください。残金は販売が確定したらすぐに振り込みますから」


 

これを最後に、連絡はつかなくなりました。

 

しばらくして闇金業者に電話をすると、

 

「担当者は今、手が外せないので折り返しこちらからお電話するのでお待ちください。では失礼します」


 

とそっけなく電話を切られる。気になり、田中にも電話をかけると、

 

 

「あっ●●さんですね、今手続き取ってますからもう少し待って下さいね。では失礼します」
とこちらも事務的に話をされて電話を切られる。


 

 

その後、融資される気配もなく、口座を確認するも残高が増える傾向も無い。

 

気が付いたときにはもう遅くあなたは闇金被害者になってしまっています。

 

ですが、困って警察へ相談に行ったところ

 

 

 

「お話を伺うと確かに相手が悪いには違いないが、そのまま話を解釈すると、●●さんが詐欺罪に問われる可能性が出てきてしまうんですよ。従って被害届の受理は難しいと思われます。」


 

と言われてしまいます。

 

携帯電話等を販売店からだまし取る行為は犯罪です! :警視庁

 

とあなたは犯罪者扱いになってしまいます。

 

闇金業者にだまされたにも関わらず犯罪者として扱われるなんて納得できませんよね。

 

では、あなたはどうすればいいのか?

 

あなたは、弁護士に相談するしか方法はありません。

 

携帯電話買取詐欺についてはこうした実話が後を絶たちません。

 

携帯電話を送る前に気づけば対策も有効手段となりえるが、携帯端末を送ってしまった後では、本人過失も問われてしまうことを忘れてはいけません。

 

過失がある人を助けてくれるのは弁護士の他はいないのが現実です。

 

 

高田馬場の闇金業者に強い頼りになる闇金専門弁護士

弁護士法人サルート

1|闇金高田馬場で


ヤミ金解決15,000件の実績を持つ、どんな案件にも対応可能な弁護士事務所
初期費用、相談料0円で費用は分割可能。家計の状況に合わせ、弁護士費用の支払いも柔軟に対応。15000件の解決実績が有名。
弁護士 水野 正晴(第二東京弁護士会 第15165号)

 

1|闇金高田馬場で


 

 

ウイズユー司法書士事務所

2|闇金高田馬場


相談実績月700件の信頼ある司法書士事務所
全国対応、相談は無料、365日24時間相談受付、後払い分割払い可能、迅速に対応し、取立てをやめさせる実績多数。
司法書士 奥野正智 大阪司法書士会会員 簡裁認定司法書士 第312416号
司法書士 松岡慶子 大阪司法書士会会員 簡裁認定司法書士 第1212077号

2|闇金高田馬場

 

 

高田馬場で、闇金でしんどい思いをしている人は

イメージ
高田馬場で、闇金で苦労している方は、相当多量にみられますが、どなたに相談したら正解か判断できない方が大部分だと思われます。

 

本来お金に関して頼れる人が近くにいたなら、闇金でお金を借りる考えをおこすことはなかったかもしれません。

 

闇金でお金を借りてはいけないのと大差ないくらい、その事に関して耳を傾けてくれるその人について見抜くこともあわてない必要がある。

 

なぜなら、闇金に悩んでいることを口実にしてより悪どく、くりかえし、お金を背負わせようとする卑劣な人たちも存在します。

 

つまるところ、闇金に関するもめごとに対して、最もほっとした状態で話を聞いてもらうにはその道に詳しい相談センターが最適でしょう。弁護士事務所なら、間違いなく相談に向き合う姿勢をもってくれますが、相談するお金を必要な現実がよくみられるので、しっかり把握してからはじめて意見をもらう大事さがあるといえます。

 

公共の相談窓口というなら、消費者生活センターとか国民生活センターなどの相談センターとして名高く、費用がただで相談に応じてくれます。

 

ところが、闇金トラブルについてもっているのを知って、消費生活センターの人のふりをして相談に答えてくれる電話連絡があるため危機意識をもつことです。

 

当方から相談話を持ちかけない限り、消費者センターからの電話が来ることは微塵も可能性がないので、電話で先方にのせられないように念を押すことが大切です。

 

闇金に関するもめごとは、消費者の多様な問題をおさえるための相談センター自体が全国の地方公共団体に置いてあるので、個別の地方公共団体の相談窓口についてしっかり調べてみましょう。

 

そうしたあと、信用できる窓口に、どんないい方で対応すればよいかを尋ねてみましょう。

 

けれども、あいにく残念な事なのですが、公共機関相手に相談されても、本当のところは解決しないケースが多くあります。

 

そんな時頼りがいがあるのが、闇金トラブルを中心的に扱っている法律事務所です。

 

実力のある弁護士らを下記にてご紹介しておりますので、一度相談されてみてください。

 

闇金関係でつらい思いをしている方

イメージ
高田馬場でお暮らしの方で、万に一つでも自分が現在、闇金のことで悩まれている方は、まず、闇金と関係している事を途切らせることを決意しましょう。

 

闇金は、お金を払っても借りたお金が減らない体制なのです。

 

どちらかというと、払っても、払っても、借金額がどんどん増えます。

 

だから、なるだけ早く闇金とあなたの間の関係をなくしてしまうために弁護士へぶつけるべきなのです。

 

弁護士を頼むにはコストが要りますが、闇金に返す金額と比較するなら出せるに違いありません。

 

弁護士に支払うお金は5万円程度と頭に置いておけば問題ないです。

 

また、あらかじめ支払うことを言われるようなこともないから、疑いようもなく頼めるはずです。

 

また、前もって払うことを要求してきたら、疑わしいと感じたほうが得策でしょう。

 

法律のプロをどんなふうに探すのか予想もできなければ、公共的な窓口に尋ねてみるとふさわしい人物を引き合わせてくれると思います。

 

こんなふうにして、闇金業者との接点を縁を切るための方法や分別を頭に入れていなければ、一生闇金へ金銭を支払いを続けるのです。

 

やましくなって、でなければ暴力団に恐喝されるのがおそろしくて、永遠に誰に向かってもアドバイスを受けないで金銭をずっと払うことが100%誤ったやり方です。

 

また、闇金自身より弁護士と会わせてくれる話が起こったとしたら、いち早く断ることが大切です。

 

とても、すさまじい厄介事にはいりこんでしまう懸念が増えると考えるべきだ。

 

本質的には、闇金は法に反することなので、警察からアドバイスをうけたり、弁護士の意見をきけば良策なのです。

 

もし、闇金業者との関係が結果的に問題がなくなればこの次はお金の借り入れに首をつっこまなくてもへいきなほど、健全に生活を送るようにしよう。

 

あなたが不本意にも、または、気軽に闇金に関係してしまったら

イメージ
ともかく、あなたが選択の余地なく、あるいは、うっかりして闇金に手を出してしまったら、その関係を解消することをかんがえることだ。

 

さもなくば、このさきずっとお金を奪われていきますし、脅かしにひるんで明け暮らす必要性があるのである。

 

そういった場合に、自分と交代して闇金業者と戦ってくれるのは、弁護士あるいは司法書士などです。

 

当然ながら、そんな事務所は高田馬場にもあるのだが、やっぱり闇金専門の事務所が、とても心強いでしょう。

 

真剣に急ぎで闇金業者の一生の脅迫をふまえて、避けたいと決めたなら、なるべく早急に、弁護士・司法書士らに相談するのが大事です。

 

闇金業者は不法と知りながら高めの利子を付けて、平気で返済を請求し、借り手を借金まみれに変えてしまうでしょう。

 

理屈が通る相手ではありませんから、専門とする人に意見をもらってみるのが間違いありません。

 

自己破産してしまうと、お金が足りず、生活するところもなく、やむなく、闇金業者からお金を借りてしまうかたちになるのです。

 

だけれども、自己破産をしてしまっていますから、借金返済が可能なわけがないでしょう。

 

闇金から借金しても他に打つ手がないと考える人も想像以上に沢山いるようだ。

 

そのことは、自らの不備でお金が足りなくなったとか、自ら破産したため他、自己を振り返る気分が含まれているからとも考えられる。

 

かといって、そういういきさつでは闇金業者にとっては我々の側は提訴を受けなくて済むだろうという見込みで好条件なのです。

 

ともあれ、闇金との癒着は、自分だけの厄介事じゃないと意識することが肝要です。

 

司法書士や警察に力を借りるにはいずこの司法書士を選ぶべきかは、インターネットをはじめとしてリサーチすることが簡単ですし、この記事の中でもお披露目しているところです。

 

また、警察や国民生活センターへ打ち明けるのもいいでしょう。

 

闇金関係の問題は撲滅を目標にしているため、真心をこめて相談に応じてくれます。

 

更新履歴